永野亮「はじめよう」~日常をカラフルに彩るちいさな曲たち~


永野亮との出会いは、坂本真綾のミニアルバム「Driving in the silence」。そこに収録された「今年いちばん」と「たとえばリンゴが手に落ちるように」の2曲が、彼の作曲によるものだった。

正直近年の坂本真綾の曲はピンとくるものが少なかったなか、このアルバム自体かなりヒットだったのだが、さらにそのなかでも群を抜いて自分好みだったのがこの2曲だった。
「今年いちばん」はノラ・ジョーンズ的雰囲気のあるJazzyなバラード。
「たとえばリンゴが手に落ちるように」はマリンバが印象的なかわいらしい曲。
…どうもふり幅でかそうな予感。

それで興味をひかれ調べてみると、
①ApogeeというロックバンドのVo.らしい
②最近はCM音楽制作で実績を挙げているらしい
ということがわかる。
ロックというのは少し意外だったが、CMと聞いてなんとなく納得。実績のなかには、TVで流れてたのを聴いて気になっていた曲もあった。

それからほどなく「ソロアルバム制作中」との情報が。
これは楽しみにせざるを得ない!

という経緯を経て手にした本作は、2012年自分内ベストに間違いなく入る佳作♪
収録曲の多くは、アレンジを変えたCM使用曲。
キャッチーだけれどどっかひとくせあるメロディが最大の魅力かと。
サウンドはとにかくPOP。ラストナンバーの「15」以外、ほぼロック色はない。
ふつうならKey.を使うようなところにマリンバを多用しているのが特徴的で、かわいらしい印象が強い。
わくわくするとか、ものさみしいとか、まったり~とか、日常的な感情に色をつけてくれるようなサウンドだと思う。
そして、ボーカリストとして声もイイ!
系統でいうと、スピッツの草野マサムネみたいな感じ?
意外と黒いグルーヴ感も出せる人ではないかな。特典CD-Rの選曲もマイコーの「Human Nature」だったし。「 Good morning 」の『吸血鬼♪』のひっかけ方とか、好きです。

Apogeeは現在あまり活動していないようだけど、今後はどういうふうにしていくのかしら。

By イズコ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください