2013年代のJapanese Queen Dnaの系譜~serial TV dramaから大石 昌良~


serial TV drama という期待の新星が2012年3月4日で解散してしまった。

サウンドはJロックとしては骨太。MY CHEMICAL ROMANCE系のヘビーな中にキャッチーさを兼ね備えたギターサウンドで、クイーン直系のコーラスワークで聴かせる、若い日本のバンドでは稀有な存在であった。

楽曲の完成度とアレンジ力は高く、ジャーニーなどのアメリカンロックレジェンド的なアプローチもあり、アグレッシブなギターリフ・丁寧なコーラスワークが、ジャパニーズ音楽シーンの新たな地平を感じさせてくれた。

そして、このバンドは二人の強力なボーカルを生んだ。

 

結成2004年~2010年の脱退まで
伊藤 文暁
「SPACE OPERA」 で聴かれるような力強いボーカルが特徴。

 

2010年~2012年の解散時まで
鴇崎 智史
「ユニコーンの角」 のようなポップでエキセントリックなイメージで、伊藤よりはナイーヴな感覚だ。

 

紆余曲折を経て、解散したわけだが、

その後のserial TV drama残党が組んだバンド T.S.R.T.S も 鴇崎を筆頭にserial TV dramaサウンドを継承している。

是非、良質なサウンドを今後も生み出して欲しいと願うばかりである。

また、大石 昌良という若手、ポップサウンドクリエイターが、2013年初頭に「マジカルミュージックツアー」アルバムの中から、シングルカットされた、「おはよう」というジェリーフィッシュかはたまた、ロジャーマニングジュニアかと耳を疑う楽曲を繰り出してくれた。

とにかく、歯切れよいリズムと、ミニオペラ風サウンドが楽しくなる一曲だ。

日本のクイーンサウンドと言えば、潤沢な資金があるアニソンスタジオ世界でのサウンドクリエイター達の活躍が目覚ましかったが、バンドとして、前述のような直球勝負で勝負をし続けるバンドの登場には正直胸を躍らせていた。

しかしながら、様々な選択肢や、若手を育てないレコード会社、利潤追求の音楽業界の事情もあるので、serial TV drama のような才覚あるバンドも解散を余儀なくされてしまうのだと思う。

 

若く奇をてらうでもない、自然体のミュージシャンが、そのままの感性で、クイーンや7、80年代の王道サウンドを、古臭さを抜き去って出している昨今、日本のクイーン遺伝子業界はまだまだ明るいと見る。

谷山浩子、Rolly、永井ルイなどのベテラン勢を凌駕するような、若い、真っ向勝負のバンドサウンドで
大成功をおさめるクイーンライカーなグループの登場を待ちわびているのである!!!!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です