ヒア・トゥデイ!~空想Pet Sounds Coverアルバムが、かなり素敵じゃないか!! ~


『ヒア・トゥデイ!~ソングズ・オブ・ブライアン・ウィルソン』は、60年代のPet Sounds時期のブライアン・ウィルソンの楽曲カヴァーを、編集した良盤である。

年代は60年代当時のモノから、近年に至るまで様々なジャンルのアーティストがカヴァーした楽曲が収められている。良くある、トリビュートアルバムと違って、その時々で、そのアーティストが本気でカヴァーをしているので、聴き応えは満点だ。

・・・ただ、個人的に、Pet Soundsの楽曲カバーが少なく (それでも収録されているカヴァーはどれも素晴らしいモノばかりだが) 食い足りない感じがしたので、独自にペットサウンズの楽曲カヴァーの架空トリビュート・アルバムを創ってみた!

そのラインナップがこちらです。

 

1, Wouldn’t It Be Nice? / Liz Callaway

リズ・キャラウェイは、アメリカの女優さん。ミュージカルや映画も沢山出演している彼女のカヴァー。とても明るく抜けた声が、この楽曲にあっている気がする。

2, You Still Believe In Me / Kirsty MacColl

カースティ・マッコールは80年代に活躍したイギリスの女性シンガー。無機質な曲調とラストの盛り上がりの対比が絶妙。2000年12月にボート事故で死去している。

3, That’s Not Me / Vitamin String Quartet

ビタミン・ストリングス・カルテットは、アメリカのストリングスグループ。ペットサウンズの丸々のカバーを出している。その中の一曲。

4, Don’t Talk / Carmen McRae

カーレン・マクレエはアメリカジャズ界の大御所女性シンガー。彼女のこのカヴァーが、『ヒア・トゥデイ!~ソングズ・オブ・ブライアン・ウィルソン』の白眉ではなかろうか。とにかく素晴らしい。

5, I’m Waiting for the Day (Stack O Vocals) / The Beach Boys

この曲をカバーしているアーティストがあまりいない模様で、本家からご登場を願った次第。

6, Let’s Go Away For Awhile / Rockabye Baby!

赤ちゃんに聞かせる、子守唄アルバムの一枚なのだが、この曲をこのアレンジで聴かせるというのが、なかなかと思う。

7, The Wreck Of The John B. / The Weavers

ウィーバーズは、50年代にアメリカで活躍したグループ。本来トラディショナルであるこの楽曲など、古きよきアメリカを体現。

8, God Only Knows / Betty Everett

ベティーエヴェレットは60年代に活躍した女性ソウルシンガー。女性ソウルならでわのアレンジになった、この楽曲はとても良い。

9, I Know There Is an Answer / The Limiñanas

ザ・リミニャナスは、近年のフランスのガレージバンド。近年にしてはレイドバックな音を出している。あまりカヴァー数が少ないこの楽曲を、少しサイケ風味でカヴァー。

10, Here Today / Bobby Vee

ボビー・ヴィーは60年代に活躍したアメリカン・ポップスシンガー。ドゥーワップやロカビリー畑の方。なかなか伊達男な感じだ。

11, I Wasn’t Made for These Times / Louis Philippe

ソフトロックファンやポップフリークには有名な、彼。フランス的な、ソフィスケイトされた感覚でカヴァー。ブライアン・ウィルソン傾倒度は、日本の山下達郎レベル。

12,  Pet Sounds / The Tremolo Beer Gut

デンマークで98年にデビューした、トレモロ・ビア・ガット。典型的なサーフミュージックを、ガレージ風味にやるバンドだが、その音色は、リンク・レイにも通じる。タランティーノの映画でも使われそう。この曲をカヴァーしているあたり、憎いセンスの持ち主ではなかろうか。

13, CAROLINE, NO / Nick DeCaro

イタリア生まれで、アメリカで6~70年代、ポップスとジャズの間を行き来したニック・デカロのカヴァー。ロジャー・ニコルズや、バートバカラック、ジミーウェブなどと同じかそれ以上の才能を有している。このカヴァーはとても静謐で、アルバムの最後を飾るにはとても良い。

 

ルック!リスティン!空想ペットサウンズ!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です