MartelはFreddie Mercuryのそっくりさん? それとも・・・


Marc Martelという1976年生まれのカナダ人がいる。

彼は、QueenのFreddie Mercuryの再来と騒がれている人物。

2011年ぐらいから、QueenExtravaganza (http://www.queenextravaganza.com/)という、本家Queen公認のトリビュートバンドのメンバーオーディションが行われていた。

その中で郡を抜いた、ボーカルクオリティをyoutube上で披露し、見事Freddieポジションをゲット。

そのオーディションに投稿した動画がこちら。

その後、QueenExtravaganza として、多くのステージや、メディア出演をこなし続けている模様。(日本にもこないのかな?)

Adam Lambertを輩出した米の人気オーディション番組“American Idol”で、本家Queenの二人と一緒に行ったステージも記憶に新しい。

・・・とここまでの、キャリアではただの、Freddie Mercuryのそっくりさんで終わりかねないのだが、ここ最近のMarc Martelの動きに目を見張るものがあるので、追記をしておきたい。

2014年の9月に、以下のFreddie Mercury と Luciano Pavarotti をひとり二役でふたつの声を使い分け、名曲「誰も寝てはならぬ」を歌い上げた動画を発表。
これは、様々なメディアでも絶賛されて、彼のボーカルポテンシャルの凄まじさを、伝えるに十分の内容となった。

更に、同じくQueenExtravaganzaでの仕事の一環ではあると思われるが、Bacon™ Bowl という、ベーコンをボウル状にする器具のCMソングを歌い、QueenであってQueenでないその作風に、Mountain DewのCM以来の衝撃を僕らに与えてくれた。

●Bacon™ Bowl

●Mountain Dew

更に、Marc Martelのソロアルバムとして、2014年9月30日に『IMPERSONATOR』が発売。リードトラックの「Dead Ringer」や、「Paradise」なんかは、まさにQueen『Jazz』や『HotSpace』時期の一番油の乗っていたFreddieのボーカルを彷彿とさせるパフォーマンス。『Mr. Bad Guy』の次のFreddieのソロアルバムなのかと、錯覚してしまうほどだ。
「Dead Ringer」

「Paradise」

単なる物まねの域を超えて、活躍の翼を広げるMarc Martelの今後に、
いち音楽ファンとして、目が離せなくなって来ている。

■Marc Martelサイト
http://marcmartelmusic.com/

■最新アルバム『IMPERSONATOR』(ダウンロード)
https://itunes.apple.com/jp/album/impersonator/id909393270

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です