「ラ・クイーン遺伝子アワード2020」結果発表!!!


2020年も後わずか・・。コロナ禍に揺れた本年の年の瀬、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
クイーン遺伝子探求堂主、悲しきヴァルバロッサ世界です。

ただ今より、栄えある「ラ・クイーン遺伝子アワード2020」大賞曲が発表されます。

ノミネートされた11組のアーティストの中で、大賞曲を受賞したアーティストは、今日のこの日がマジカルでラブリーな一日となり、全宇宙の神々が、もろ手をあげて祝福する事は必然の極みとなりませう。

それでは、発表します!!
「クイーン遺伝子アワード2020」
大賞楽曲は・・・

ジャン!

ノミネートNo9
Joost Maglev「ANGEL」

クイーン遺伝子アワード2020大賞曲受賞
おめでとうございます!!!

本楽曲は、オランダの新生クイーン遺伝子Maglev氏が2019年に発表した楽曲。(2019年はクイーン遺伝子アワードが開催されなかった為、本年に繰り上げノミネート!)オランダの真正なるクイーン遺伝子の血統ヴァレンシア&ヴァレンタインをルーツに持ちながら、さわやかでキャッチーなメロディアスハード風の楽曲は日本のコアな音楽ファンの間で大評判となりました!

Angels United! Together in Silence!
Melancholy Extraordinaire!

天使たちが一体となって沈黙!
憂鬱な臨時!

Evan Goliath Over the Island!
Swiftly Maintaining Elegance!

島の上のゴリアテでさえ!
素早い洗練された優雅さ!

という荒唐無稽なサビ歌詞が、大仰な絵空事をオペラ風に展開した初期クイーンを彷彿とさせ、ファミコン風のイントロも日本文化に影響を受けた氏ならでわのサウンドとなりました!!

審査員談話:「今回、King Gnu「三文小説」が120RTと圧倒的なRT数でしたが、Maglevご本人が何度もRTをした点や、楽曲そのもののクイーン度の高さが、大賞曲選考の大きなアドバンテージになりました。」

では、Maglevさんにトロフィー授与となります!!

2020年、皆さまにとってどんな年だったでしょうか?
「ラ・クイーン遺伝子アワード2020」を見ている貴方の2021年は心願成就しまくり、
コロナを吹っ飛ばす、素敵な一年になるコト間違いなし!!!!

それでは、皆さま、良いお年を~~~~~。
グーーーーーーテンターーーーーーク!!!!

2020年12月31日
ラ・クイーン遺伝子アワード2020選考委員会

2 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください