谷山浩子『月に聞いた11の物語』~ファンタジーの奥にある超現実。己心の扉を開く11個の鍵~


谷山浩子の最新アルバム『月に聞いた11の物語』が、2017年9月13日に発売された。ファンタジック、ミステリアス、メルヘンチックなど谷山浩子の音楽世界を表現する言葉は数多とあるだろう。しかし今作は、それらの言語感覚を超越し、谷山世界の深淵を垣間見させるような独特な恐怖感を持って、聴く者を襲う。

覗いてはいけない、でも覗かずにはいられない。

谷山浩子が今回奏でたのは“とある世界を見れる者同士が結びつくのに必要な音楽”なのではないだろうか?

月の天使が導くかのように呈示された11のパスワード。それらが、有機的に繋がって、己心の扉を開く鍵になり得る可能性を秘めている。

・・各楽曲のレビュー、ごく簡単ながら。

01. きつね

一曲目から中近東な音階で、古い不思議な絵本に吸い込まれていくようだ。ワルツ調にたおやかに歌われる楽曲は、谷山世界の真骨頂だろう。

“この宇宙をお創りになった神様はどんなクズでも愛して下さる。でも僕はクズですらない”

という、神の愛を拒否するかのようなひねくれ者。
後半ではそんなひねくれ者を諭すような歌詞内容で、谷山浩子は宇宙の神をも超越してみせた。

02. サンタクロースを待っていた

童謡調のメルヘン世界がとても愛らしい作品だ。

03. 旅立ちの歌

2013年にMEGに提供した楽曲だ。冒頭の歌詞が“東の空”から“古い港”に変更されている。
RPG的な叙事詩を想起させる、中性ヨーロッパ的な幻想をかきたてる曲だ。
古い港とした事で、大航海時代をも連想させる。

なお同アルバムに長谷川智樹&ROLLYが「宇宙のMON DIEU」を提供している。シアトリカルなピアノプレイと重厚なコーラスで、華麗なる初期クイーン世界を体現。Rollyと谷山浩子の蜜月の片鱗がこの辺りからも漂ってくる。

04. 城あとの乙女

ゲド戦記の「テルーの唄」のような曲調。ジブリ作品にもピタりとハマりそうな。メルヘンここに極まれり。

05. 白雪姫と七人のダイジョーブ

ラスヴェガスの不安について歌った歌!先日おこったラスヴェガスの事件を預言しているような・・。
コミカルな曲調とあわせて、“ダイジョーブ”というのが、逆に不安を掻き立てる・・・。

06. 無限マトリョーシカ

からくり人形楽団をフューチャリングしたロシア・グラムロック・メタルな、何とも得たいの知れない曲調。
暴虐のその上を行っている。からくり人形楽団の待望の3作目を想起させる仕上がりだ!

キーボードがかなり良い効果を表していて、まるでディープパープルを聴いているような感覚になってしまった!

07. ジリスジュリス

「てんぷらさんらいず」のような80年代的テクノポップを想起させる曲調。もう脳内でかってにみんなのうた用のアニメ―ションが再生されている。

08. パズル

てんかすトリオに提供した楽曲。谷山バージョンはテンポを落としたより、タンゴ調の仕上がりだ。

09. 螺旋人形

長年のパートナー石井AQ氏の不可思議な楽曲。
さらに編曲は、谷山が敬愛するクーロンズゲートの蓜島邦明氏が担当。
本作中、一番恐ろしい不可思議世界を出現させている。

10. 秘密の花園

新居昭乃との共作曲。エルフィン楽曲を作り出したら右に出るものがいない二人。エルフィン業界最右翼のお二人の奇跡のコラボ曲だ。
もう最高に決まっている。
愛する人間の男性にいたずらして殺してしまう、二人の妖精が歌うような、空恐ろしい歌だ。


11. 金色野原

手嶌葵への提供曲だ。最後がこの曲で救われる。。荘厳なシンセサイザーのアレンジも、本当に本当に抒情的だ。

・・・以上11曲。

以前、手塚治虫の漫画を評して、“ここにはペン先から流れ出るインクがあるだけではない。現実が記録されているんだ”

というのがあったが、まさしくそれだ。

“このCDにはスタジオで録音された音の塊があるだけではない。谷山固有のファンタジー世界の奥に秘沈された現実が、出てきてしまっている!”

ファンタジーの奥の奥に隠された真実の爪。

超現実。

鋭利な刃物を突きつけられる感覚さえも。

一体、僕らはどこに向かうのだろうか・・・・。

文=varuba

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です